おすすめ商品

L8020をヨーグルトメーカーで増やそう 飲むヨーグルト半分で1L分作れます

以前L8020乳酸菌ヨーグルトは虫歯菌・歯周病菌を殺菌する初めてのヨーグルトだと紹介しました。

このヨーグルトを私は毎日の夕食で食べているのですが、1週間分の量となるとヨーグルトを7個も買わなければなりません。

しかも1本100円ちょっとするのでヨーグルトの出費だけで1週間700円と地味に高いです。

しかしこの記事で紹介するアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを使えば、牛乳にL8020ヨーグルトを少し加えて発酵させるだけでなんと牛乳パック1L分のL8020ヨーグルトを作れてしまうんです。

1/2個のヨーグルトで1L分のL8020ヨーグルトが出来上がりますのでお得じゃないですか?

私はヨーグルトメーカを使い始めてから1週間分のヨーグルトを約230円くらいで作っています。

真面目に1本1本買うと700円かかってしまうのでどちらが効率が良いか一目瞭然です。

しかし、そんなことほんとにできるの?と疑問に思っている人もいるでしょう。

今回は私が実際にヨーグルトメーカーを使用して1Lのヨーグルトを作った方法を紹介しますのでご安心ください。

ドリンクタイプと固形タイプのヨーグルトで作り方に違いがありますので明確にしながら解説しています。

用意するもの

ヨーグルト  今回はL8020ヨーグルトドリンクタイプを使いました。

牛乳    無調整牛乳特濃牛乳のどちらかを必ず選んでください。

ヨーグルトメーカー アイリスオーヤマたと温度調整ができるので便利です。

牛乳パックのクリップ 発行中に牛乳パックの隙間から雑菌が入るのを防ぎます。

作り方

・あらかじめ牛乳をヨーグルトメーカーにセットし38度で1-2時間ほど温めます。

・牛乳が温まったら、牛乳パックの封をあけ、ドリンクヨーグルトを半量加えます。

※この動作は素早く行いましょう。牛乳パックを開けている時間が長いと雑菌が入り込んでしまい、乳酸菌ではなく雑菌が繁殖してしまいます。

固形タイプのヨーグルトを使う場合、熱湯消毒したスプーンでヨーグルトを半量牛乳に加えます。この時、牛乳パックの封をもう片方開け、全開にすると入れやすいです。

・38度で12時間以上発酵させます。

・発行中、牛乳パックを外から少し押してみてください。
ずっしりと重みを感じたら、液体から固体に変わっている証拠です。

牛乳パックの中を覗いてみて固体になっていることが確認できればヨーグルトの完成です。

もし固まっていなければ、再び38度で保温しましょう。

たまたま乳酸菌に元気がなく発酵力が弱いだけなので、時間を費やせば必ず固まります。

※この時少し柔らかいように感じるかもしれませんが、冷蔵庫で冷やすと元の固形ヨーグルトと同じくらいの固さになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカは温度調整も1℃単位でできますし、時間調整も1時間単位でできますので非常便利です。

私はヨーグルトだけではなく、米麹を使った甘酒も作っています。

もしこの記事を読んで興味を持った方はこちらから購入できます。

虫歯菌・歯周病菌を殺菌する初のヨーグルト、L8020は人気商品になっており、小さいスーパーでは販売していません。

ネットでは販売されていますので、わざわざ大きいスーパーに遠出する必要がないのでおすすめです。

-おすすめ商品

© 2021 新卒1年目が歯列矯正を始めてみた Powered by AFFINGER5