食生活

歯列矯正中のおすすめ料理(酒粕プリン)

歯列矯正中の方は今まで普通に食べていた料理が食べられなくなってしまいます。

特に、お菓子などの固いものを食べると矯正器具の破損に繋がりますので矯正中は食べるのをあきらめていることもあるかと思います。

私は矯正前、朝ごはんは必ずグラノーラを食べていたのですが、器具装着後はグラノーラをあきらめました。

私はパンを食べないので、これから朝ごはんはどうしよう…朝から米だと3食米になってしまい偏るな…と悩んでいました。

そこで一度作ってみたかった酒粕プリンにチャレンジしてみてグラノーラの代わりの朝ごはんにしようという結論にたどり着きました。

なぜ普通のプリンではなく酒粕入りなの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、酒粕には肌を作るもとになるタンパク質やタンパク質の吸収を助けるビタミンB6、女性に嬉しい美白成分やアミノ酸などが豊富に含まれている最強の食材だと私は考えています。

歯列矯正は歯をワイヤーで引っ張ることにより移動させますが、その移動の際は新しい細胞が次々に生まれ変わる必要があります。

酒粕には細胞の増殖に大切な栄養素が豊富に含まれていますので、歯の移動もスムーズになるのではという期待も持てます。

前置きが長くなりましたが、私が実際に作ったレシピをご紹介します。

材料

酒粕50g程度

卵1つ

コーンスターチ

寒天の粉3g

砂糖適量

コンデンスクリーム適量

牛乳、豆乳、粉ミルクのどれか(今回は粉ミルクを使いました)

お湯

作り方

① 酒粕、卵、砂糖、コーンスターチ、寒天、コンデンスクリーム、粉ミルクを一気に鍋に投入します。

② 少量のお湯で酒粕を溶かすようにして入れていきます。酒粕が溶けたら鍋いっぱいにお湯を入れます。

③ 沸騰してきたら、液体が緩やかなゲル状へと変化していくので火を止めます。

④ タッパーに全量移し余熱を取ります。

⑤ 冷蔵庫で冷やし完全に固まったら完成です。

まとめ

大容量で冷蔵庫で保存しているので毎朝少しずつ食べていくと1週間以上持ちます。

コスパも非常によく、朝から豊富な栄養が摂取できますので、矯正治療で悩んでいる方にはデザートやおやつ代わりにぜひチャレンジしていただきたいです。

-食生活

© 2021 新卒1年目が歯列矯正を始めてみた Powered by AFFINGER5